スポンサーリンク

メルチャリinくにたち(シェアサイクル)!乗り捨て可能で通勤や保育園送迎のつなぎに。

国立市で試験運用が行われている、メルカリ主催のシェアサイクル「メルチャリ」を、保育園パパ&ママがフル活用!

国立市では、福岡市に次ぐ全国で2番目の試験都市として、2018年8月からメルチャリの運用が始まりました。

「シェアサイクル」をどんな風に使うと面白いのか?だんだん見えてきたのでまとめてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

シェアサイクル・みんなの「メルチャリ」!今日はどこにあるかな?

真っ赤なメルチャリ

東京都国立市の至る所で、2018年8月末から見かけるようになった赤い自転車と、赤い登り。

メルカリのはじめたシェアサイクル「メルチャリ」の試験運転です。

名前がかわいいですよね、メルチャリ。

乗り捨て可能なアプリ連動型「シェアサイクル」

メルチャリ:アプリで鍵を開けます

メルチャリ:アプリで鍵を開けます

メルチャリはみんなで使うシェアサイクルです。駅前や公園など、いろんなところにある「メルチャリポート」に置いてあります。

使い方は簡単。スマホアプリ「メルチャリアプリ」を起動して、バーコードをかざして鍵を開けて乗るだけ。

好きなポートで乗って、好きなポートで降りる

好きなメルチャリポートから自転車を選んで(どれでもいいです)、好きなところまで乗っていけます。

返却は、「メルチャリポート」に返しましょう。ただし、一時的には他所に置いていてもOKです。

どこかに放置されてしまった自転車は、ポートまで持っていく「お手伝い」をすると、ちょっといいことがあるそうです。(15分無料など)

お値段は1分4円、15分で60円

お値段は、1分あたりたったの4円。15分で60円、30分で120円。チョイ乗りに向いてますね。

支払いは後払い(1ヶ月分を翌月払い)で、クレジッドカード・コンビニ支払いから選べます。

メルチャリはどこにある?

メルチャリは、あらかじめ市内各所に設置された「メルチャリポート」に留めてあります。タイミングによっては、1台もないこともあります。

国立市全域にメルチャリポートあり

メルチャリポートは国立市だけで30以上。「merchari(メルチャリ)」の赤い旗と、三角コーンが目印です。

主に公園や駐車場に設置されているようですね。

アプリからポートと今ある台数を確認

メルチャリinくにたち:メルチャリポートと自転車の台数

こちらは、アプリから確認できる「メルチャリポート」と「今ある自転車の台数」。

この写真だと、駅前にたくさん台数があって、街の中にもちらほらあるのがわかります。

「0」と出ているのは、メルチャリポートはあるけど自転車がない、ということ。誰かが乗って行って移動してしまったんですね。

乗る前にアプリで確認をして、自宅や乗りたい場所の近くにあるかな?とチェックできます。

メルチャリはどこに返すの?途中下車はできる?

メルチャリの返却場所と、途中下車について、実際につかってみてわかったことをまとめてみました。

基本はポートへ返却

メルチャリを返すのは、基本的に「メルチャリポート」までが推奨されています。

それ以外の場所に停めた場合、鍵をかけた時点で利用終了となります。システム上は「途中下車」という扱いはありません。

メルチャリは時間ごとに料金が加算されるので、どこかへ乗って行って用事を済ませたい場合は、一度鍵をかけて解放しておきたいですよね。

ポート外で途中下車(鍵をかける)するとどうなるの?

メルチャリ:乗り捨てはOK?ポートへの返却が推奨

メルチャリポート以外の場所で鍵をかけると、アプリからは上の写真のように見えます。

ポート外にある自転車には、「自転車マーク」で表示され次のようなメッセージが。

「このメルチャリでポートまでライドすると、15分間無料」

つまり、こうなると誰でも乗れちゃうってことですね!w

「みんなのメルチャリ」ですから。

メルチャリを駐輪場(ポート外)へ置いてみた

メルチャリをポート外に置いた場合

メルチャリをポート外に置いた場合

さて、国立〜立川市民ならご存知「立川まんがパーク」までメルチャリで行ってみました。

「立川まんがぱーく」子どもにも安心のマンガ喫茶、娘が小学生になったら通わせたい!
「立川まんがパーク」は、4万冊もの漫画が、1日400円、3ヶ月2000円(平日のみ)で読み放題という、夢のようなまんが喫茶です。 しか...

メルチャリを駐輪場に停めて鍵をかけるとこんなかんじに。

この状態だと、誰でも乗れちゃうので、誰かが乗って他の場所に持って行ってしまっても文句は言えません。

もしかしたら、メルチャリを運用しているトラックが持ってってしまうかもしれませんね。

この時は運良く、帰る時間までちゃんとメルチャリはありました。

途中下車する場合は、無くなる覚悟でしましょう(笑)

メルチャリの便利な使い方

うちは、メルチャリを主に「片道運転」に使ってます。

保育園送迎の「つなぎ」にする

我が家は夫婦で交互に、子乗せ自転車で保育園に送り迎えをしています。

朝は夫、夕方は私というかんじで送迎しているので、行きと帰りで「子乗せ自転車の受け渡し」が必要になるんですよね。

これがかなり面倒で。

  • 夫「子供を送ったあとにも自転車使いたいけど、妻に渡すために一度戻らないと」
  • 妻「夫が自転車を乗って行ってしまったので、朝一用事があるのに使えない」

こんなかんじの、「自転車不足」と「受け渡しの面倒さ」に悩まされていました。

雨が降るので片道だけ乗る

また、天候に関するこんな悩みも。

  • 自転車で行きたいけど、夜には雨が降るから乗っていけない(またはその逆)

自由に乗り捨てできるメルチャリが使えるようになって、これらの問題が解決されました!

「ちょっと使える」って、かなり便利ですね。

メルチャリinくにたちの試験運用は3ヶ月(2018年11月末まで)

せっかく便利に乗り始めたメルチャリですが、試験運用なので11月末までの予定です。

我が家にはぴったりなので、もっとやってほしいのですが。

みんなで乗れば、定着してサービス延長になるかもしれません。

便利なので、ぜひ一度使ってみましょう(笑)

スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう

フォローする

ブログランキング
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ