スポンサーリンク

カイルアコーヒーで豆を買いました。国立市の老舗珈琲豆焙煎店

カイルアコーヒー 看板

こんにちは。副管理人のオット(@otto_kunitati)です。

国立市、谷保駅近くにあるカイルアコーヒーでコーヒー豆を買ってきました。1980年から焙煎業を営んでいる老舗です。

このページではカイルアコーヒーの情報と感想をまとめています。素敵な焙煎店だったのでこれを読んだ人にも是非行ってみてほしい。そんな気持ちで書きました。

スポンサーリンク

カイルアコーヒーの場所と外観

カイルアコーヒーはJR南武線谷保駅を北口から出て少し歩いたところにあります。

カイルアコーヒー 場所

ちょっとわかりにくい地図表示になってしまいました。上の方にある青い◎の場所がカイルアコーヒーです。
駅から十分歩ける距離。谷保駅周辺は本当に良いところですよ。

カイルアコーヒーの外観はこんな感じです。

カイルアコーヒー 外観

谷保の小道に佇むこの小さな建物が、全国にファンを抱える有名店カイルアコーヒーです。

カイルアコーヒーで買えるもの

お店の雰囲気や買える商品などを紹介します。

店頭で買える焙煎豆

まずはコーヒー豆。見知らぬ名前が並んでいます。
こんな名前の豆なんてあったかなぁと一瞬戸惑いましたが、すぐに気づきます。
ブレンドの名前なんですねこれ。

「ロア」「ケア」の2商品が主力商品なのでしょう。
他にもエスプレッソ用やアイス用など、用途に合わせて様々な焙煎豆が用意されています。

カイルアコーヒー 豆

ブレンドだけでなくシングルオリジンのものも販売されていました。
ですが、カイルアコーヒーの強みは見たところブレンドにありそうです。
カイルアコーヒーで豆を買う際は、まずは「ロア」「ケア」のブレンド2種を試してみるといいんじゃないかなと思いました。

焙煎豆以外もあります

豆の下には紅茶も陳列されていました。
パンフレットに「紅茶は上記以外も取り揃えております。お気軽にお申しつけください」という表記があったので、気になる方はお店で聞いてみるといいですよ。

コーヒーや紅茶の関連グッズも販売されています。
写真中央右寄りに見えているコーヒーポットは、購入するとカイルアコーヒー仕様に注ぎ口に細工をしてくれるそうです。細い水流を作れるようになるのだとか。良いですねぇ。

自分が気になったのはこのグラインダー。
店員さん曰く、かなり均一に豆を挽くことができるのだそうです。

おすすめのグラインダー

16416円!!!

うーむ。
でもこれより上のランクを見てしまうと途端に物凄い値段になってしまいます。性能と価格帯のバランスからいくとこの辺が妥当。迷います。いつか欲しいなぁ。

その場でエスプレッソを飲むこともできます。

カイルアコーヒー ドリンクメニュー

ショートブラックをいただきました。
今度はアイスラテを飲もうかな?

話が聞けました

ちょうど店内には先客が一人。座って店員さんとコーヒーを飲みながらおしゃべりをしていたので、自分もそれに加わりました。

自分が国立市に引っ越してコーヒー文化に感動している話をしたところ、

「国立市内でここが一番おいしい」とそのお客さんは教えてくれました。

また、店員さんは
「嗜好品ですからね。合う合わないは人それぞれなので。でもうちのコーヒーは飲むとカイルアだと気付いてくれる人がいるんですよ」
とおっしゃっていました。

お二人からはカイルアコーヒーの国立市内での豆の卸し先やカイルアコーヒーの美味しい飲み方などを教えてもらいました。

カイルアコーヒーの豆は淹れた後に少し時間を置いてから飲むと美味しいそうです。

話の中には「わいがや」や「chuff」といった、自分が今気になっているお店も出てきました。どちらもカイルアコーヒーの豆を使っているんですね。
近々訪ねてみようと思います。

店員さんは明るく話しやすい雰囲気の方でしたが、話のところどころにカイルアコーヒーの味に対する自信がうかがえました。素敵です。

公式サイトの情報あれこれ

カイルアコーヒーには公式サイトがあります。

カイルアコーヒー 熟練のロースターが焙煎!
国立の自家焙煎珈琲店。グルメ店に認められた焙煎技術と味。プロの道具で本格ドリップに挑戦しませんか?日々、おいしい珈琲生活を!

さっそく家で眺めてみたのですが、これがなかなかな情報量。

  • カイルアコーヒーの豆をハンドドリップで美味しく淹れる方法
  • 焙煎の手順やこだわり
  • 取引先一覧

といった内容が詳しく説明されています。

ハンドドリップの手順についてはパンフレットも頂いていたのですが、公式サイトはそれをはるかに上回る情報量でした。
細かなコツが色々と書かれているので、カイルアコーヒーで豆を買って来たら、まずは公式サイトを見ながら淹れてみるのが良いです。

カイルアコーヒーの焙煎は焙煎士さん一人でやっているそうです。理由は味を守るため。

取引先を見ると仙台から広島まで実に50店舗以上のカフェやレストランの名前がありました。味へのこだわりがこのような信用の獲得につながっているのでしょうね。

公式サイトからも全体的に味へのこだわりと自信を感じました。
1980年の創業以来国立市のコーヒー文化を支えてきた歴史を感じます。

家で買った豆を淹れてみる

買った豆を家でさっそく淹れてみました。
使ったのは「ケア」。甘味と苦味を感じられるという主力ブレンドです。

飲んだ感想。
淹れたての状態で一口飲んだところ、若干軽い口当たりだと感じました。

次にお店で教わった通り5分ほど時間を置いてから飲んでみたところ、これが素晴らしい後味。コーヒーの風味と上品な香りが体の中に広がっていく感じがしました。

これは良いですね。もっとハンドドリップのやり方を突き詰めたくなります。
お店では30分ぐらい置くと良いよとのことだったので、次はそれぐらい待ってみようかと思います。

それにしても良い味わい。クセになる美味しさです。

2018.5.23追記。

豆の量を40グラムから45グラムに増やして飲んでみました。
また、公式サイトに載っていた淹れ方もかなり忠実に実践することができました。

結果、初めて飲んだ時と比べて味わいが明らかにはっきりしたものに。やはり淹れ方でしたね。本当に美味しい豆です。

また、300ml淹れたコーヒーのうち、200mlは常温で放置。
2時間経ったところでその200mlを飲んでみたところ、冷たいコーヒーの中に確かな味わいを感じました。ひょっとすると温かい時よりも美味しいかもしれません。
奥の深いコーヒーですよ。

まとめ

遠方の方は、まず公式サイトを一通り見てみると良いです。そのうえで是非南武線谷保駅まで遊びに来てください。谷保駅前、良いところですよ。

コーヒーおじさんオットの国立市焙煎店めぐりはこれで2店舗め。
今回も例によってしばらくはカイルアコーヒーの豆と付き合ってみようと思います。

スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう

フォローする

ブログランキング
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 都市生活へ